Diary

鎌倉ロコマート&ガーデン“ショップ”スタッフより「ショップでの生活の一部を発表する」日記コーナー

 

車が壊れた。エンジンをかけギアをパーキングからドライブに入れる・・・「ん?」入らない。シフトレバーはニュートラルで止まり、もうそこからびくともしない。「一度冷静になろう」と自分に言い聞かせる。「あーでしょこーでしょ」手順は何も間違ってない。どうやっても故障を受け入れるしかない。結局レッカーで修理工場に運ばれる事になった。後日修理工場から連絡があり「修理するならまあまあかかるよ」との事。「まあまあっていくら?」と聞くが、それはまあまあどころか「かなり」という金額だった。そして「廃車」となり、今新しい車を探している。家族からは「小さい車」なら何でも良いと言われているのだが、何でも良いって訳にはいかない。贅沢を言うつもりは無いが「最低限」の見た目ってものがある。どなたかカッコ良くて(まあまあで良い)、小さくて(これもまあまあで良い)、格安の車(これはまあまあじゃなく破格で)があったら声をかけて下さい。

職業病の巻

20.01.24

 

考えてみれば四六時中庭や植物の事を考えている。信号待ちで止まれば「この家の樹木は手入れが必要だなぁ」「そもそも大きくなる木を植え過ぎなんだよ」と思い、食事に行けば店先の花植えを「植え方が良くないなぁ」「もうポインセチアは下げた方が良いんじゃないの」と思う。買い物途中だって「このウッドデッキはそろそろ作り替える時期」だなと勝手に診断する。更には「最初は頑張ってみたものの、途中で力尽きたんだな」と何かをやろうとした形跡を見て思う。「とりあえず」が「ずっと」になってしまった庭。これは分かる気がする。僕も「とりあえず」ここに置いておこうが、次第に当たり前の風景になってしまい、そこがその物の置き場になってしまう事がある。テレビを観てても、後ろに映ってる「観葉植物の元気が無いなぁ」と目が行く。それはCMでも総理大臣が映ってても、殺人現場でも、とにかくいつ何時でも、映り込む植物に自然と目が行ってしまう。・・・鎌倉ロコマート&ガーデンをヨロシクお願いします。

 

1月23日鎌倉は朝から冷たい雨。こんな日に庭に出る人は居るのだろうか?そんな訳で朝からスポニチを広げる。「東出昌大」の不倫の記事。まあイケメンでお金があってキャーキャー言われれば不倫もすると思う。と言うか不倫が出来るのだ。逆に不倫をする気満々でもお呼びがかからなければ「誠実な人」となる。皮肉な話だ。隣りには「魅惑のランジェリー姿」の見出し。若いアイドルの女の子の写真集の記事だ。こういう写真集によくある、お尻をこっちに向けた写真。あれ恥ずかしくないのかなぁと思う。大体あれが僕だったら「お尻の穴を人様に向けて無礼じゃないか」と怒られる。百歩譲って下着姿ならまだしも、よくヌードになんかなれる。僕なんて胆石の検査の時に下半身を脱いだだけでも、恥ずかしくてやたら口数が多くなった。・・・そうそういちばん肝心な事。新デザインのトートバッグが出来ました。絶賛発売中です ¥780。ヨロシクお願いします。

 

ロコマートにラナンキュラスが入荷した。ラナンキュラスは球根植物で多年草。花壇でも鉢植えでも収まりが良いので使いやすい。それに一つの球根からいくつもの花が咲くので、わりに長い期間楽しめるのでお勧めだ。・・・ ラナンキュラスの語源はラテン語の「カエル」からきている。葉っぱの形がカエルの足に似てるからと言われている。花言葉は「あなたの魅力に目を奪われる」となっており、白菜の買い物ついでに「ひとつちょうだい」と買ったオバちゃんにはちょっと荷が重い花言葉だ。・・・それにしてもこの季節は花が少ないですね。ストックにガーデンシクラメン、ラナンキュラスにプリムラ系、そしてパンジービオラってとこでしょうか。市場には温室育ちのマーガレットなんかも出荷されてるが、夜中に外に出しておくには少し冒険だ。いくら暖冬と言っても植物にとってはまだ寒い・・・「冬来たりなば春遠からじ」あともう一息だ。

 

突然だが・・仏さんは何を食べてるか知ってますか?答えは「お線香の煙」だそうです。かなり質素な食事だが栄養を取らなくて良いんだから、あんなんで良いんでしょうね。せめて青雲堂に頑張ってもらって色んな味を楽しんでもらいたいですね。・・・そもそもあの世はあるんでしょうか?先日墓参りに行きふとそんな事を思った。手を合わせ「新年おめでとう。お父さんもあ母さんも元気?」と心の中で問いかけるが「元気?」はさすがに変だなと思い「仲良くやってる?」と問いかけ直す。もちろんそこに眠ってると思うから話しかけてる訳で、もし仏さんを信じてなければ、電柱に話しかけてる人と同じになってしまい連行されてしまう。そして「天国から見守ってて下さい・・家内安全、商売繫盛」と願い事になってしまう。・・・あの世があって両親に外出許可が出るなら、たまには出てきてもらいたいなぁと思う。

works ガーデン施行例 specialworks works番外編 contact お問い合わせはこちらから magazine 雑誌掲載情報 diary ショップスタッフの日記コーナー column 日々の出来事を綴るコラムのコーナー L&G スタッフのお気に入り facebook フェイスブック insta インスタグラム