Diary

鎌倉ロコマート&ガーデン“ショップ”スタッフより「ショップでの生活の一部を発表する」日記コーナー

 

風邪をひいて、かれこれひと月が経つ。経験上「もう終結間近だな」と思うと「そうはいかないよ」と新たな症状が出る。風邪薬はもちろんの事、ビタミンCだの滋養強壮だのをせっせと摂取するが、排尿で身体を通り抜けた事は確認出来るものの、回復に役立ったかどうかは定かではない。しかも今日の気候はクリスマス頃の陽気だというから堪える・・・風邪だの何んだのと言っても、もう1か月後は12月20日。クリスマス間近で小走りがダッシュになる頃だ。今年の鎌倉の経済事情はどこも9月と10月は悪天候で酷かったという。11月にやや持ち直すも低空飛行が続いており、12月に賭ける思いはどこも強いようだ。ロコマート&ガーデンはと言うと、お陰様ですったもんだしながらも忙しいまま今年を終えられそうな感じだ。・・・ロコマート&ガーデンでもこの時期恒例のリースを置き始めました。

 

スペインといったらガウディ。ガウディが天才建築家である事は言うまでも無い。とは言えここで僕がガウディの建築を語るほど愚かな事はないので、ガウディが手掛けたグエル公園の庭について書く事にする。この庭に植わってる植物なのだが、ランタナにウエストリンギア、ラベンダーデンタータ、アスパラスプレンゲリー、アカンサス等々。ブーゲンビリアに至っては、鳥の巣の材料にかなりの量の葉っぱを献上していた。とにかく植えられてる植物は、日本で手に入る物ばかり。もちろんガウディが選んだ植物とは思ってないが、海外の庭園の植栽は僕らの仕事の参考になる。庭のアプローチは石畳もあるが山砂が敷かれており、雨が降ってもぬかりにくくなっている。・・・ちなみに街路樹はアカシアとプラタナスが多く植えられていた。そして田園地帯に広がる無数のオリーブの木は、古木はでありながら背丈は低く仕立てられており、収穫が楽なようにだというのが分かる。

  

 

スペインの園芸店を覗く。店頭にはポインセチアとシクラメンが並んでいる。まあポインセチアは分かるとしてヨーロッパでもこの時期シクラメンが並んでいる。日本のシクラメンというのは葉組み(葉っぱの並び方の事)を凄く気にしており、ドーム状に葉が組まれてる株は値段も高く出来が良いと言われる。少なくとも僕が見たスペインの園芸店に並んでるシクラメンは「セニュールそんなの気にするな」といった代物で、国民性によるものではないかと思う。実際日本のシクラメンは「贈答用」に用いられる事が多く「お世話になってる方に失礼があってはいけない」というような背景があり、花が咲く事に加え「身姿」が重要な基準になっている。シクラメンにはそういう世界があって、市場に行くと「金賞受賞」などと札の付いた物まである。ちなみに知ってる方も多いと思うが、葉の数だけ花が咲くと言われている。なのでもし購入するなら葉っぱ数が多く、ギュっとしまったのを選ぶのが良いと思う。

 

ロンドンの街を歩いてみると「パブ」の植栽の素晴らしさに感心する。草花の手入れは行き届いており、街路灯からぶら下がるハンギングの草花も見事だ。さすが庭の国だ。さてスペインの街を歩いてみる。ロンドンのパブのような存在の「カフェテリア」は町中至る所にあるのだが、どのお店も植物を飾る意識が低いように感じる。多少季節の問題もあるのかもしれないが、同じヨーロッパでもけっこう違うものだ。・・・写真はマドリッドの王宮にある「ノットガーデン」(ノットガーデンとは王様がお城の上から眺めて楽しむデザインになっており、樹木の刈り込みなどにより作られている)。ここの庭はさすがにきちんと手入れがなされていた。・・・街の話しに戻るが、いくつか公共の物らしき花壇を見たが、どこも伸び切った「ベゴニア」が植わっていた。歴史ある素晴らしい建物が沢山あるのにちょっと残念だ。・・・美味しい料理の付け合わせにガビガビのパセリが添えられてるってとこでしょうか。

  

 

10日振りの更新だ。10日も休んでたんだから「どこかお出かけになられてたの?」と言われても良いようなものだが、実際は「どっか悪いの?」「入院?」と聞かれている。まったく調子が狂っちゃう。・・・話は変わるが、写真にあるのはスペインはマドリッドの博物館にある壁面緑化である。これ凄くないですか?そこらにあるビニールのじゃないのだ。下から見ると更に迫力があり、植物に携わる僕も感心しきりだった。これはスイス人の建築家によってが作られた物で250種以上15000本の植物が植えられている。・・・という訳で僕はスペインにお出かけになってたのです。スペインの話しはちょこちょこ書くとして、まあヨーロッパは遠いですね。片道だけで機内食を4回も食べちゃいました。しかも「ランチです」と出されるが、実際は午前4時だったりする訳で、体内時計まで時差ボケする。・・・まあそんなこんなでとりあえず今日からお店を再開しました。

works ガーデン施行例 specialworks works番外編 contact お問い合わせはこちらから magazine 雑誌掲載情報 diary ショップスタッフの日記コーナー column 日々の出来事を綴るコラムのコーナー L&G スタッフのお気に入り facebook フェイスブック insta インスタグラム