Diary

 

高校球児が熱戦を繰り広げる中、僕ら老若男子も負けじと白球を追う。この日の試合はナイター。仕事を終えた選手が三々五々グランドに集まる。中には1時間も前からウォーミングアップをする者、いっこうに練習もせずに笑顔で近況報告をする者、そんな中、僕は元気の無さそうな奴を捕まえキャッチボール。約5分間、羽子板のような山なりのやり取りをする。こんな感じではあるが、試合はいたって真面目。意外や意外ダラダラやらないのだ。きっとこれが40年近く続いてる秘訣なんだと思う。・・・僕の成績はと言うと途中出場で2打数1安打。これで39年連続ヒットが継続された。試合は7対5で惜しくも敗れた。満塁のチャンスでの僕の三振が悔やまれる。試合後「ステーキがスト」でステーキソースをベチャベチャにかけつつ、若手の恋愛話をいい加減に聞くのだった。

works ガーデン施行例 contact お問い合わせはこちらから diary ショップスタッフの日記コーナー column 日々の出来事を綴るコラムのコーナー L&G スタッフのお気に入り