Diary

水漏れの巻

19.07.14

 

夕方6時。この日は鎌倉の花火大会。我が家は海の側にあり、花火大会の日は急いで帰らないと人の波にのまれ家に着かない。お店の戸締りを確認して帰ろうとトイレのドアを開けるとなんと水浸し。トイレの給水パイプから水漏れしてるのだ。止水栓を止め、キッチンテープで応急処置を試みるが「おいらそんなもんじゃ止まんないよ」と水道の嘲笑う声。そうこうしてるうちに水浸し範囲はどんどん広がる。水道屋を呼ぼうにもこの人込みと渋滞じゃいつ着くかも分からない。外では「バ~ン」と花火が上がる音がし出した。その後も悪戦苦闘を続けるが「これを止めるのは無理だな」という事を悟る。そして「明日の朝まで忘れよう」という「逃避案」を自ら採用する。・・・結局翌日に知り合いの水道屋に来てもらい修理は完了。水浸し問題は、結局一日中水をかい出してなんとかなった。写真は干されてるレコード。

works ガーデン施行例 contact お問い合わせはこちらから diary ショップスタッフの日記コーナー column 日々の出来事を綴るコラムのコーナー L&G スタッフのお気に入り