Diary

歯医者の巻

18.06.08

 

1月から歯医者に通っている。虫歯という訳ではないが、チェックという意味で2年毎に通うようにしている。どんな鼻タレでも歯が綺麗だと爽やかに見える。それぐらい歯は重要だと思っている。そんな訳で「ひふみん」みたいにならないように定期的に歯医者に通っているのだ。通うのは良いのだが、歯医者網に捕まったら最後、なかなか開放されない。「今日はこの後暇だから、続けてやっちゃって」と思うのだが「次回、右上のお掃除しましょうね」とその日の治療を打ち切られシッシッと追い出される。僕としては「3回分のお金払うから、3回分やって」と言いたいのだがそういうものじゃないようだ。隣の診察台から「風邪薬飲んでるから、今日は麻酔しない方が良いと思うよ」と男性の声。それは医者が考える事の気がする。僕はというと大口を開けながら「ンゴッンゴッ」と悶えるのだ。

works ガーデン施行例 contact お問い合わせはこちらから diary ショップスタッフの日記コーナー column 日々の出来事を綴るコラムのコーナー L&G スタッフのお気に入り