Diary

 

「こんちわ~」と庭の扉を開けながら挨拶。「おぉ」と家主の男性が庭に面したガラス扉を開ける。家主の男性は昔からお世話になってる方で、確か85歳ぐらいになってるはずだ。「ご無沙汰してます。車が無いけど免許返しちゃったんですか?」と僕。「そうなんだよ。だから毎日暇でしょうがねぇんだよ」と元気が有り余ってる様子だ。・・・誰しもが死ぬギリギリまで元気で居たい。そしてポックリ逝きたい。という事は元気な年寄りで居る事になる。すなわち毎日やる事を作らなければならない。毎日が小学生の夏休みのようになるのだ。小学生であれば海にプール、野球に釣り、駄菓子屋に缶蹴りと忙しかった。だが流石にお爺さんがベビースター片手に缶を蹴ってる訳にはいかない。毎日「北海道物産展」もやってないし、皆で歩くほど協調性は無い。なんか年取ってからでも楽しめる趣味を見つけないとヤバいなぁ。

works ガーデン施行例 contact お問い合わせはこちらから diary ショップスタッフの日記コーナー column 日々の出来事を綴るコラムのコーナー L&G スタッフのお気に入り