column

鎌倉ロコマート&ガーデンが日々の出来事、お知らせ等を綴るコラムコーナー

 どこの行楽地行くにも、混雑は嫌だ。

よって宿泊は平日と決めている。

食事会場は静かにゆっくり食せるし、帰りの際もロビーでのチェックアウトもならばずにすむ。

とりわけ露天風呂に寿司詰め状態は何としても避けたい。

 

日頃の天邪鬼な宿泊計画の甲斐あって、本日宿泊旅館は老舗旅館であるにもかかわらず空いておる。

大浴場への館内の長い道のりも人には合わず、エレベーターでも人と遭遇せず、旅館のお宝の展示場など眺める人は皆無であり、小さなお土産売り場もひっそりと。

望みどうり露天風呂は無人であり貸切状態。

暗闇に灯る庭園灯にゆらゆらと湯煙が舞う。

 

温泉の温度も42度ぐらいであろうか?絶好の状況であり、気分を良くした小生は、湯船の脇に置かれたオールのような湯もみを持ち出し、適温にもかかわらず湯もみ開始.....誰もいないので。

やがてそれも飽き、湯に浸かり目をつぶってみたり、TVで見るような三流女優が手ですくって肩などにかける仕草を真似てみるが一向に間が持てない。

いっちょう大声で鼻歌でも歌ってやるか?と思いきや隣の女風呂に聞こえるのはまずい。

 

無人の大浴場の奥にあるここ露天風呂.............日頃の喧騒も忘れ.....湯に浸かる.......湯船の中は大の字の我が身がゆらゆらと水中で揺れる。ちょっと金魚運動などもしてみる。

 

そうこうしていると、いつの間にやら恐怖心が芽生える.......僕は幽霊のほとんどは女と言ういメージなので、男風呂に出るのも女の幽霊と身勝手な判断をするのも自然な流れである。

 

女の幽霊は裸であるなら全く怖くない、逆に望むところだ。

 

しかし、旅館であるため浴衣姿に黒髪を解き、露天風呂の樹木の陰にひっそりと......一番怖い姿ではないか、、、小生、勢いよく湯船から飛び出し、大急ぎで内風呂へ避難し脱衣所へまっしぐら、そのとき内風呂の柱の陰に足のみ発見、「見ちゃった!」とうとう見ちゃった!

 

次の瞬間、二つ折れになっていた青年の身体が頭を洗い終わったのか?通常の人間の姿勢に戻る。

大浴場の内風呂にいつのまにか人がいたのだ。

 

『おどかすな』と背中に喝!!

 

その後、ロビーにて、自分自身で作るのを売りにしているソフトクリームをご購入。

要領を得ない小生を見かねロビー係の中年男性が手伝ってくれた。

夜静かな旅館のロビーで我ら中年男2人仲良く、手に手をとって一つのソフトクリームを作る。

いつになく、侘しさ漂う甘くないソフトクリームであった。

 

翌朝、やはり露天風呂に僕一人。青空に鳥のさえずり、春を感じる気持ちよい入浴である。

こんなところ、幽霊出るわけねーよ。

 

やはり空いている旅館はいいね......ほどほどにね。

まだまだ寒くて人の出足が少ないのかなぁ。

 

*人というのは、ほどほどにいた方が良いんですね。そだね〜。

昼間の桜祭りも強風のため楽しみにしていた露店屋台も少なめ、観光客もまばらなため盛り上がりに欠けたが、空いている屋台では、鹿の刺身 生わさび丼 をのんびり堪能。

イノシシ串焼き 下仁田ネギ焼き 大判焼き もう、何でも食べちゃうぞ〜。

 暴行現場に居合わせ喧嘩を止めなかった責任があると、初場所は給料なしの罰を与えられた横綱白鵬の土俵入り。

その上、横綱の品格に欠けると言われ得意な立会いである平手 カチ上げを封印され、超人的な記録さえも参考記録にしたほうがよいのではないか?といじめられている白鵬。もはや人種差別レベルのいじめである。日馬富士だって日本人だったら処罰も違ったんじゃないか?と思うのでありますが、、、。

 

相撲の面白さは、「絶対負けない横綱が負ける」「美しい身体に、端正な顔立ちの人気力士が強い悪役力士を倒す」この2点である。まさに白鵬は悪役にうってつけである。

その横綱が連敗し、格下力士の優勝争いになると興味が薄れる。

やはり強いものは強くなければ面白くないのである。

しかし強い横綱が負ける姿を見たい、相撲は大変複雑なファン心理で成たっているのであります。

もはや勝って欲しいのか、負けて欲しいのかわからない。

野球なら巨人ファンは巨人戦しか応援しませんね、競馬なら買った馬券しか応援しませんね、相撲はどの取り組みでも御贔屓力士無しでも楽しめるのです。

 

この日、おかげさまで?横綱稀勢の里が負け、結びの一番でも平幕嘉風に白鵬が負けたため、場内大歓声の中、座布団が無数に舞う「危険ですから座布団を投げない様にお願いします」と繰り返し放送が流れる。

もちろん待ってましたと僕も座布団を投げる、座布団は力なくヒラヒラと失速し3列前のオヤジの頭部に命中。

オヤジ頭を押さえて振り返る、僕は反対方向を見て知らぬ顔。

 

相撲は好きだな。

今、失われつつ「礼」「伝統」「しきたり」「神事」「和風」「日本」たまには良いもんですね。

皆様、人生一度は国技館で大相撲を観戦しましょう。

無給の場所に途中休場する白鵬、その手があったんだ「うっちゃり」だね、「肩透かし」かな?

 

*お弁当セット竹(お弁当 やきとり せんべい チーズ鱈 あんみつ 軍配が書いてある絵皿2枚)

翌日この皿にサラダが盛り付けられ食卓に!

来年こそは

17.12.26

  今年の漢字は『北』でしたね。

北朝鮮 北のチームの大谷翔平 九州北部の豪雨 キタサンブラック......と、言うことらしいですが、毎年どうもピンときませんね。

 

どうあれ こうあれ今年もあと僅かとなり「来年こそは」という思いがフツフツと湧いてくるこの季節ですね。

僕は来年こそは絶対に止めたい事が二つあります。

 

1)コンビニなどのトイレに入る時、今、出て行った人が「大であるか、小であるか」ニオイを嗅いでしまう習慣をなくしたい。

 

 

2)蕎麦屋やラーメン店の客席で鼻をかむ人を見るのを止めたい。

それも鼻をかみ終わったティッシュを覗き込む顔を見る姿まで見届けてしまう事を止めたい。

 

人間は「怖いもの見たさ」ならぬ「イヤなもの見たさ、イヤなもの嗅ぎさ」があるんですね、以前、クサイものを嗅ぎたいという女子がいたが、わからないでもない。

いや、クサイ臭が好きな訳ではなく、クサイ臭を確認したいのだね。それも何度も何度も確認......臭うまで。

 

トイレの臭はしかたがないが、みなさん、飲食店で鼻をかむのはやめましょう。

 

こんな事が来年に向けての抱負?目標?であります。

また、来年も浮かばれない気がします。

 

来年こそは笑顔あふれる良い年にしましょうね。

 

works ガーデン施行例 specialworks works番外編 contact お問い合わせはこちらから magazine 雑誌掲載情報 diary ショップスタッフの日記コーナー column 日々の出来事を綴るコラムのコーナー L&G スタッフのお気に入り facebook フェイスブック insta インスタグラム