column

鎌倉ロコマート&ガーデンが日々の出来事、お知らせ等を綴るコラムコーナー

 暴行現場に居合わせ喧嘩を止めなかった責任があると、初場所は給料なしの罰を与えられた横綱白鵬の土俵入り。

その上、横綱の品格に欠けると言われ得意な立会いである平手 カチ上げを封印され、超人的な記録さえも参考記録にしたほうがよいのではないか?といじめられている白鵬。もはや人種差別レベルのいじめである。日馬富士だって日本人だったら処罰も違ったんじゃないか?と思うのでありますが、、、。

 

相撲の面白さは、「絶対負けない横綱が負ける」「美しい身体に、端正な顔立ちの人気力士が強い悪役力士を倒す」この2点である。まさに白鵬は悪役にうってつけである。

その横綱が連敗し、格下力士の優勝争いになると興味が薄れる。

やはり強いものは強くなければ面白くないのである。

しかし強い横綱が負ける姿を見たい、相撲は大変複雑なファン心理で成たっているのであります。

もはや勝って欲しいのか、負けて欲しいのかわからない。

野球なら巨人ファンは巨人戦しか応援しませんね、競馬なら買った馬券しか応援しませんね、相撲はどの取り組みでも御贔屓力士無しでも楽しめるのです。

 

この日、おかげさまで?横綱稀勢の里が負け、結びの一番でも平幕嘉風に白鵬が負けたため、場内大歓声の中、座布団が無数に舞う「危険ですから座布団を投げない様にお願いします」と繰り返し放送が流れる。

もちろん待ってましたと僕も座布団を投げる、座布団は力なくヒラヒラと失速し3列前のオヤジの頭部に命中。

オヤジ頭を押さえて振り返る、僕は反対方向を見て知らぬ顔。

 

相撲は好きだな。

今、失われつつ「礼」「伝統」「しきたり」「神事」「和風」「日本」たまには良いもんですね。

皆様、人生一度は国技館で大相撲を観戦しましょう。

無給の場所に途中休場する白鵬、その手があったんだ「うっちゃり」だね、「肩透かし」かな?

 

*お弁当セット竹(お弁当 やきとり せんべい チーズ鱈 あんみつ 軍配が書いてある絵皿2枚)

翌日この皿にサラダが盛り付けられ食卓に!

works ガーデン施行例 contact お問い合わせはこちらから diary ショップスタッフの日記コーナー column 日々の出来事を綴るコラムのコーナー L&G スタッフのお気に入り