column

鎌倉ロコマート&ガーデンが日々の出来事、お知らせ等を綴るコラムコーナー

十年数年前、我ら社員旅行で名刹巡りの一環で訪れた浜名湖近郊にある○○寺

おおよそ、観光するような整備はされてなく、鎌倉時代の庭があるのですが訪れる人も無いような寂れた感じ。

呼び鈴を押し、ようやく出てきた住職に「仏像見ますか?」的なことを言われ我ら一同『はぁ〜、お願いします』と返事。
他に観るところもなさそうなので、せっかくだから、まぁ見てみるか?となり、鍵のかかった小さなお堂に入れていただきました。

お堂の中は、薄暗く、もう何百年も扉を開けていなかったのかのような、よどんだズッシリと重い空気の中で、開いた扉から入る光にはゆっくりとキラキラ、ユラユラ埃が舞う。
「ここからテープでご案内します」と住職はスイッチを入れ退場。

何やら案内が始まるのだが、数分後、頭がボッーとし始め、案内テープはいつのまにやら呪文のような単調になり、耳が遠くなり始めたのか?耳鳴りがしてるのか?だんだん気が遠くなってきた。
額には脂汗、頭フラフラ、身体もフラフラ揺れてきて、そのうちに息苦しく、額は油汗でダラダラとなり、いよいも呼吸もままならない、、、、。

薄暗いお堂の中、外からの白い光の中に埃が舞う、友人たちが横にいるはずだが、もはや異次元に入り込んだか?人影は無い、、、

もはや限界と一人、お堂を出る、、、5分ほどでようやく呼吸が整う。

この体験以降、僕は仏像には何らかの力があると信じている。
それは仏像に願いを込めた人の願いかも、怨念かもしれないが。

恐るべし○○寺。

 

霊はテレビで見る様な白眼を剥いて「ガーーーッ」とか「うらめしや〜」などとは言わなかった。

 

 

works ガーデン施行例 contact お問い合わせはこちらから diary ショップスタッフの日記コーナー column 日々の出来事を綴るコラムのコーナー L&G スタッフのお気に入り